top of page
3Dプリンタ

2Dおよび3Dアニメーションのプロフェッショナルに依頼する

動画制作なら七月設計

3Dアニメーションの用途

商品紹介.jpg

​​製品や商品の紹介

人物.jpg

キャラクターのアクション

建築用.jpg

建築物の紹介

実写合成.jpg

実写合成

幅広いプロジェクト経験を持つ、 大手企業から新興企業まで

経験会社一覧.png

七月設計のアニメーションの強み

特徴1

“効果的な”アニメーション制作をトータルサポート

七月設計では、豊富な経験に基づき、さまざまな業界に精通した動画コンサルタントが対応し、
相談でお客様のニーズを把握し、脚本の作成から始め、最適なアニメーション表現を提案します。

プラン.jpeg
ネットワーク.jpeg

特徴2

独自のチーム体制により、
手頃な金額で優れたビデオ制作を実現します。

ビデオ制作に長けた社内のコンサルタント、プロデューサー、クリエイターに加え、幅広いパートナークリエイターのネットワークを有しており、
お客様の予算、納期、品質の制約条件に合わせて、最適なビデオを提供いたします。

特徴3

先端な3Dソフトでアニメーションを作成します

最新の3Dソフトウェアを使用してアニメーションを制作します。
CINEMA 4D、Maya、Blender、3dsMaxなどの先進的なソフトウェアを駆使し、キャラクターデザインから工業製品まで多岐にわたる3Dアニメーションを制作します。
ソフトウェアに精通したクリエイターが、より高品質な動画を制作いたします。

3ds-Max-logo.png
maya_logo.png
C4D.png
Logo_Blender.svg.png
経理作業

3Dアニメーション金額

合計費用=モデリング費用+秒数よりの費用

■ モデリング費用は、個別に計算されます。もしお客様が3Dモデルを提供してくださる場合、モデリング費用はかかりません。

3DCG動画の制作には、モデリングなどの作業にかかる費用がかかりますので、一般的な価格帯は20万円から100万円以上となることがあります。モデルの複雑さなどによって、費用が異なることがあります。

■ 脚本作成費用
お客様は事前に脚本をご用意いただくようお願いいたします。どのような視点や表現方法で映像化するかを具体的に指示する必要があります。

もし脚本がない場合でも、こちらで提案させていただきますが、その際には1.5〜4万円の費用がかかることをご了承くださいませ。

3Dプリントボトル

参考実例

案例

洗面室照明

​食器棚

掃除機

自動車

医療器械

浄水器

ディスプレ

競走試合

業務の流れ

流れ枠のみ.png

お問い合わせ
サイト内のフォームより、必要事項を入力してお問い合わせください。

お打ち合わせ
お客様の事業内容や動画制作におけるご要望などをお伺いします。

ご提案
お伺いしたご要望を基に、見積もりを提出します。

発注・支払い(頭金)
発注書と30%~50%の頭金を頂いた後、体制を整え、動画制作を進めます。

動画制作
脚本作成→モデリング→カメラワーク確認→レンダリング確認

ご納品
2~3週間で納品可能です。

支払い(残金)

動画作成のプロセス

  1. ヒアリングとコンセプト設計: クライアントの要望を詳細にヒアリングし、プロジェクトの目的やコンセプトを明確にします。これに基づいて3D動画のコンセプトを設計します。

  2. 脚本の作成: 3D動画に登場する要素やストーリーをまとめた脚本を作成します。クライアントの承認を得ながら進め、方針を確定します。

  3. モデリングとアニメーション: 3Dモデリングソフトウェアを使用して建物や製品、環境をモデリングし、それに基づいてアニメーションを制作します。動きや変化がリアルかつ滑らかに表現されます。

  4. テクスチャリングとライティング: モデルに質感や色を与え、照明を調整してシーンにリアリティを与えます。これにより、動画全体がより自然で迫力のあるものになります。

  5. 音響の統合: BGMや効果音を組み込んで、3D動画に臨場感と情緒を付加します。音響の質もクライアントの要望に合わせて調整します。

  6. プレビューと修正: 制作途中でクライアントにプレビューを提供し、修正や調整の意見を取り入れます。このプロセスを通じて、クライアントのニーズに応じた最終的な仕上がりを確認します。

  7. 最終納品: クライアントが満足するまでの修正が完了したら、最終的な3D動画を納品します。必要に応じて、異なる解像度やフォーマットで提供することも可能です。

 

当社の3D動画作成は、クライアントのビジョンを具現化し、効果的かつ魅力的な形で伝えることに焦点を当てています。

bottom of page