top of page

手描きパース作成

・​手描きパースとは

手書きパースは、建物を人の視点から観察し、奥行き感を重視して手で表現する建築パースの手法です。 CGパースが一般的になる前は、手書きパースが主に使用されていました。各ページは手作業で作成されるため、時間と手間がかかりますが、手書きなら設計データを必要とせず、具体的な内容が確定していなくても制作が可能です。

また、未確定の部分をぼかして制作することもでき、設計の初期段階で建物全体のイメージを分かりやすく伝えるのに適しています。水彩などの技法を変えることで異なるイメージの建築パースを制作でき、手書きならではの親しみを感じさせる表現が可能です。これに対して、CGパースはより冷たい印象があるかもしれませんが、手書きパースなら柔らかな表現ができるのが特長です

・手描きパースの特徴

1、安い
一般的に、手描きパースはCGパースよりも経済的です。手描きパースは専門的なソフトウェアを使用せず、手作業で描かれるため、比較的少ない道具や技術で制作できます。そのため、制作コストが一般的に低くなります。

2、速い
制作速度が速いです。通常、1~2日で完成させることが可能です。

3、個性的
独自の表現が可能です。写真のようなリアルな描写を求めるCGパースとは異なり、手描きパースはさまざまな画風で個性的に表現できます。色鉛筆、マーカーペン、水彩など異なる手法を使用して、柔軟に様々な雰囲気を表現することができます。手描きパースはすべてが「絵」であり、「芸術品」と見なされ、そのため未来の価値が上がる可能性があります。

4、変更難
墨入れと着色の後での変更が難しい特性があります。紙ベースで作図するため、墨入れの後や着色後に形の大幅な変更が難しく、一般的に不可となります。ただし、一部の修正はソフトを使用することで可能です。

+

1-1.jpg
1-2.jpg
2.jpg

着色

線画図

​色確認図

bottom of page