top of page

手書きパーステクニック(透視篇)

更新日:2023年11月18日

手書きパースの透視には主に1点透視法、2点透視法、および3点透視法の3つの主要な種類があります。各透視法には留意すべきポイントがあります。



1. 1点透視法:                           

特徴: 建物や物体が正面から見たとき、一つの透視点から放射状に伸びる直線が使われる。

注意点:

遠近感の強調: 遠近感を強調するため、一つの透視点を明確に選定しましょう。

物体の配置: 主要な物体は中央に配置し、遠くに行くほど小さく描写します。


2. 2点透視法:                           

特徴: 主に建物や物体の横方向の透視を表現するのに使われ、水平線と2つの透視点が使われる。

注意点:

水平線の位置: 水平線を適切な高さに設定し、それに基づいて2つの透視点を配置します。

建物の高さ: 物体や建物の高さは水平線からの垂直線で示され、リアルな遠近感を生み出します。


3. 3点透視法:                           

特徴: 上下左右の3つの透視点が使われ、物体や建物の垂直方向の透視を強調する。

注意点:

上下方向の透視: 天井や床の透視を強調するため、上下方向の透視点が必要です。

斜めの物体: より斜めになる場合があり、これに対処するために3つの透視点を活用します。


これらの透視法は、手書きパースに奥行き感を与え、リアルで迫力のあるイメージを作り出すのに役立ちます。適切に使い分けることで、描写したい対象により適した透視法を選択できます。



閲覧数:34回

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page